プロフィールのご紹介

中村多賀雄(なかむらたかお)
経歴

昭和57年 ラサール高校卒業
平成2年  日本医科大学医学部卒業
平成2年  九州大学医学部眼科学教室入局
平成2年  九州大学医学部附属病院(研修医)
平成3年  門司労災病院(研修医)
平成4年  九州厚生年金病院
平成5年  福岡赤十字病院
平成6年  九州大学医学部附属病院(医員)
平成7年  九州大学医学部附属病院(助手)
平成9年  国立別府病院(現 国立別府医療センター)眼科医長代理
平成12年 九州大学医学部附属病院(助手)
平成15年 九州大学病院に統合(助手)
平成16年3月 九州大学病院を退職
平成16年4月 中村眼科医院副院長
平成21年6月 中村眼科医院院長
九州大学での仕事

助手
外来医長(眼科)
手術指導(眼科)
緑内障グループ
網膜硝子体グループ
リスクマネージャー(九州大学病院医療事故防止対策委員)
患者サービス専門部会委員(九州大学病院)
保険診療専門部会委員(九州大学病院)

資格
医師免許 平成2年 取得
日本眼科学会認定眼科専門医 平成9年 取得
医学博士(九州大学) 平成16年 取得
身体障害者福祉法第15条指定医

その他
九州大学歯学部講師
九州大学医療技術短期大学講師
国立別府病院附属大分中央看護学校講師
博多高校看護科講師
など
手術実績

平成3年執刀20件、助手約100件(門司労災病院)
平成4年執刀82件、助手313件(九州厚生年金病院)
平成5年執刀54件、助手202件(福岡赤十字病院)
主に白内障、他に眼瞼手術、斜視手術

平成6年約50件(九大病院)
平成7年約110件(九大病院)
平成8年、主任病棟医、執刀210件、助手約100件(九大病院)
主に網膜剥離、白内障

平成9年、執刀約200件、執刀以外約400件(国立別府病院)
平成10年、執刀約250件、執刀以外約350件(国立別府病院)
平成11年、執刀約240件、執刀以外約360件(国立別府病院)
主に白内障、網膜硝子体手術、緑内障手術

平成12年、執刀約190件、執刀以外約60件
          (九大病院:別府市K医院含む)
平成13年、執刀約250件、執刀以外約120件
          (九大病院:別府市K医院含む)
平成14年、執刀約270件、執刀以外約150件
          (九大病院:別府市K医院、北九州市K眼科含む)
平成15年、執刀約280件、執刀以外約100件
          (九大病院:別府市K医院、北九州市K眼科含む)
主に網膜硝子体手術と白内障手術の同時手術(複合手術)


中村眼科医院での手術
(おもに白内障手術。他に眼瞼内反症、翼状片など。
レーザー治療は含みません。)

平成15年 44件   (白内障40件)
平成16年 115件  (白内障105件)
平成17年 126件  (白内障116件)
平成18年 167件  (白内障157件)
平成19年 183件  (白内障172件)
平成20年 243件  (白内障235件)
平成21年 279件  (白内障270件)
平成22年 333件  (白内障316件)
平成23年 322件  (白内障320件)
平成24年 371件  (白内障349件)
平成25年 368件  (白内障360件)
平成26年 367件  (白内障356件)
平成27年 367件  (白内障353件)
平成28年 388件  (白内障378件)

平成12年から、別府市の医院で毎年約100件の白内障手術をしています。
(平成25年まで)


平成28年12月までの総手術件数、約10095件
(執刀約7895件)


専門分野

勤務医時代、大学病院時代は下記を行っていました。
現在は眼科全般の外来診療、日帰り白内障手術を主に行っています。

眼内手術(白内障手術、緑内障手術、網膜硝子体手術)
眼外手術(眼瞼内反症)
網膜硝子体疾患、緑内障

所属学会
日本眼科学会
日本眼科手術学会
日本緑内障学会
日本網膜硝子体学会
日本糖尿病眼学会
戻る (中村眼科医院スタッフ紹介のページへ)